読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

聖なる場所を巡る日記

東京都港区の愛宕神社への千日参りと、日々訪れる聖なる場所についての日記

平成29年の一般参賀、大手町、神保町三省堂で精神世界の本購入 2017.1.2月曜日

一般参賀 スピ系本

年が明けました。

「あけましておめでとうございます!」

最近はブログは毎日書いておりませんが、聖なる場所は色々行っております。少しずつ上げまっす。

 

今日は正月二日目、テレビをつけるとちょうどライブで今年最初の一般参賀が流れていました。

 

そうか、今日は一般参賀なのか~っとぼーっとTVを観ました。天皇皇后両陛下,皇太子同妃両殿下らがお出ましされている。

 

これが、最初のお出ましで今日はあと何回のお出ましがあるという。ネットで調べると以下のようになっていた:

新年一般参賀要領 - 宮内庁

 

それで、せっかくなので最後のお出ましを見に行くことにした。もしかすると、今上の生前退位が実現すれば、今回が最後の現天皇一般参賀となるかも知れない。

 

参賀へ行く服装はどうしようかと思ったが、正装で行くことにした。

某有名百貨店本店のテーラーで仕立てた黒のスリーピースで、赤いネクタイに菊のタイピンでっす。

 

最後のお目見えは午後2時20分。最寄り駅は地下鉄の二重橋駅です。

何となく時間に余裕を感じないのでタクシーで皇居を目指した。

 

平成二十九年一般参賀

日比谷通り馬場先門のところでタクシーを降りる。

 

思えば一般参賀に来るのは30数年ぶりか、、たぶん昭和58年の天皇誕生日以来だと思う。その頃はまだ昭和だったのだ!そう思うと時間の経つのがとても早いな~

 

さて、現在、平成29年の正月一般参賀である。

到着した皇居前では、警察が人の流れを誘導している。皇居に向かって左手に進むように促していたけど、なんとなくそのまま真っ直ぐに二重橋の方へ向かうと、日の丸の手旗をもらった。

 

皇居前広場に既にすごい数の人がブロック毎に仕切られて並んでいる。

f:id:ichigo2015:20170102200040p:plain

わたくしが入った11番のスロットはその時点で一番最後の集団のようです。

f:id:ichigo2015:20170102200947j:plain

先のグループの集団が二重橋をぞろぞろ進んで行く

 

f:id:ichigo2015:20170102201642j:plain

わたくし、実は人混みや人の行列が大の苦手で、お店などはよほどのことがないと並んだりしません。

しかし、今日は全くこの人の群れや待つことは苦にならない。不思議なもんです。

 

われわれのグループも出立して二重橋を渡り、正門をくぐり坂道を上って行きます。

お出ましが拝める、長和殿まえの広場はすごい人です。とにかく奥の方へ進んで行く。陛下や皇族方がお出ましなると思われる場所の所まで、、、その辺はすごい人だかりで距離はかなりありますが正面に近い位置です。その辺で待つことにしましたよ。

f:id:ichigo2015:20170102201816j:plain

 ほどなく、陛下と皇族方がお出まし!!日の丸が一斉に翻る

f:id:ichigo2015:20170102201908j:plain

天皇陛下万歳!天皇陛下万歳!天皇陛下万歳!天皇陛下万歳!の歓声が渦巻き上がります

 

これは気分高揚しますね~ぜひまた来ます!

 

いつか、仲間と徒党を組んできて天皇陛下万歳!バンザーイ、バンザーイと先頭で行わせて頂きたいです。

 

ちなみに、今回の人出は96,700名だったそうです。

これまでの新年一般参賀の参賀者数(平成以降) - 宮内庁

近年では一番多いですね。平成では2番です。平成6年が111,700人で飛び抜けて多いのは前年に皇太子のご婚礼の影響でしょうかね。

 

お出ましはあっけなく終わって、ぞろぞろと坂下門?の方へ下って行きます。

皇居を後に大手町を歩く

パレスホテルの前を通って、以前通勤で歩いた通り

ichigo2015.hatenablog.com 

を神田方面に歩きます。

 

その辺のビルは建て替えをしているようでしたが、建設の手を付けてられていない空間があります!

 

大手町で建設の手がかけられないスペースって、

そう、やはりあの将門の「首塚」でっす!

f:id:ichigo2015:20170102204803j:plain

戦後GHQの指示で取り壊されそうになったときにブルドーザーが横転して死人が出たなどいう伝説がありますね。

ここは神田神社の飛び地なのですね。

遠い昔、当時の都であった京都からは遙か東国で乱を起こした将門公の首塚がいまの首都の皇居に隣接して残っているのは歴史の面白さを感じます。

 

神保町三省堂で精神世界の本購入

そのまま歩いてかつて住んでいた所に近い小川町の方まで出て、それから本屋街へ進みます。

 

神田三省堂が開いているので本を見に行きます。

はい、またまたスピ系本を買いましたよ~

f:id:ichigo2015:20170102211056j:plain

同じスピ系でも、

硬派な「祖神垂示天照太神宮」

怪しいけど実用的そうな?「今すぐ出来る!霊術講座」

今流行のスピ系を集めた新刊「願いが叶う!人生が変わる 引き寄せの法則

飯倉熊野神社 幸稲荷神社 芝の増上寺 2016年12月24日

港区 神社 御朱印

久しぶりの聖なる場所巡りの日記ブログ。今日はクリスマスイブですね~わたくしはクリスチャンではないので聖なる日でも特に教会とかに行く予定はありませんが、、、

 

思うのですが、日本のクリスマスって商業活動による煽りですね、、、ある種の洗脳かな。まあ楽しいイベントがある方は楽しめば良いのですがね。商業的なイベントに振り回されることではないな。

 

さて、今上の誕生日が昨日で、世間では三連休の中日、今日の午前中は委託の会社に出て仕事してましたよ。来週、今年最後の関西への出張の準備のためです。

 

オフィスも誰もいません。とても静かで、仕事がはかどって何よりです。

 

昼過ぎに仕事を終えて、事務所のそばにある熊野神社へ行きました。今日は御朱印帳を持参しています。

 

港区七福神の恵比寿様をお祭りする熊野神社です。境内にマンションがあって社務所はその中にあります。

 

都心の小さな神社は継続して運営して行くのは大変なのかな~なんて考えます。

f:id:ichigo2015:20161224211549j:plain

社務所には女性の神主さんがいて、朱印帳に揮毫してくださいました。達筆ですね。

f:id:ichigo2015:20161224211442j:plain

正月は一日から九日まで恵比寿様が観られるそうですよ。小さな像とのことです。観に行きます!

 

それから、もう一つ近場の神社である幸稲荷神社を訪れました~

f:id:ichigo2015:20161224212138j:plain

東京タワーの氏神さまに当たる神社です。

ichigo2015.hatenadiary.jp

 御朱印を頂きたく社務所へ行きましたが、お留守のようでした。

 

後、今の仕事場の近所では西久保八幡神社があるので、それぞれそのうちに御朱印を頂きたいですね。

 

それから、芝の方へ出て久しぶりに増上寺に行きました。

逆光ですが本殿と東京タワー

f:id:ichigo2015:20161224212642j:plain

千体地蔵尊

f:id:ichigo2015:20161224212647j:plain

 

今まで増上寺には何度も来ていますが、初めて御朱印を頂きました。

黒本尊の御朱印なのですね

f:id:ichigo2015:20161224212704j:plain

特に聞かれませんでしたが、他のバージョンもあるのでしょうかね。

ともあれ、お寺の御朱印の揮毫は迫力ありますね~日々写経で鍛えているからでしょうかね。

 

愛宕神社は今日は行きませんでしたが、今週で二百五十三回目です。今月は現在三回ですね。まあ、気長に通算千回を目指します。わたくしの千日詣は、もとより比叡山の千日廻峰の行などとは違うのですよ~

 

言葉の記憶:

わが業(わざ)はわが為すにあらず天地(あめつち)を 貫きて生くる祖神(みおや)の権能(ちから)。

 生長の家の招神歌の一部です。わたくしはこの宗教団体の信者ではございませんが、子供頃にこのフレーズを聴いたことがあり、何故か最近その断片が心に出てくるのですね、、それでネットで調べました。これはすごい、すばらしい言葉であり言霊と思います。

東京タワーのタワー大神宮 千葉神社 2016.12.7水曜日

神社 港区 東京タワー

今日は会社の裏にそびえ立つ東京タワーの大展望台へ行きましたよ。


f:id:ichigo2015:20161207224409j:image

www.tokyotower.co.jp

今の仕事先が東京タワーの真裏でよくランチに行ったりするのですが展望台には生まれて初めて上りました~

 

今回はお昼の時間に現地に行き思いついて大展望台まで上がりましたよ。大展望台の入場料は900円でした。

 

さらにその上に特別展望台(別料金)があります。それはまた次回に行こうと思います。

 

大展望台からの風景

虎ノ門方面です 中央のずっと奥に東京スカイツリーが見えます

f:id:ichigo2015:20161207214608j:plain

六本木方面

f:id:ichigo2015:20161207214322j:plain

 

増上寺方面 やっぱり海が近いのですね

f:id:ichigo2015:20161207214333j:plain

 

ここがタワー大神宮 一度来たかった神社でっす

f:id:ichigo2015:20161207214348j:plain

建物の中にある神社としては日本一高いところです

f:id:ichigo2015:20161207214358j:plain

この神社は、このタワーのすぐそばにあり、たまに前を通る幸稲荷神社と関わりがあるようですね。

幸稲荷神社

 

ichigo2015.hatenadiary.jp

 

ルックダウンウインドウ、、、ここを歩くのはかなりスリリングですね~

f:id:ichigo2015:20161207214421j:plain

 

物事を鷹の目で見ると良いと聞きます。鳥瞰するってヤツですね。

f:id:ichigo2015:20161207230057j:plain

こうやって物理的に高い場所から自分の住む世界を見下ろしてみると、ちょっと広い視野が持てるようです。

 

たまに展望台に上がって世界を眺めるのも良いですね~

 

タワーを降りて事務所へ帰り道、如意輪観音様のお堂に立ち寄りました

f:id:ichigo2015:20161207220130j:plain

とても美しい観音様です、、、お写真失礼します

f:id:ichigo2015:20161207220144j:plain

ここはたまに息抜きに来るのですがとても良い感じのする場所です。

観音様ありがとうございます!!

 

それからお仕事で千葉へ向かいました。

千葉駅の地図で近くに千葉神社があることを知りました。

御祭神は、北辰妙見尊星王(=天之御中主大神

お、お~これは行きたい!

少し時間があったので立ち寄ることにしました~

千葉神社

www.chibajinja.com

占師に縁深いところとの事で、ちょっと特殊さ感じる神社です

f:id:ichigo2015:20161207220717j:plain

絢爛な獅子像が一対

f:id:ichigo2015:20161207220726j:plain

こちらが本殿です

f:id:ichigo2015:20161207220735j:plain

一階と二階がそれぞれ拝殿になっていました

 

千葉天神 本殿のお隣にあります。建物は元の本殿が使われているそうです

f:id:ichigo2015:20161207221240j:plain

ピンぼけしてしてしまいましたが、「亀岩」です

f:id:ichigo2015:20161207221221j:plain

妙見様のお使いである玄武(亀)の岩で、撫でると御利益があるそうです。

もちろん、撫でてこの地でのビジネスの成功をお願いします

 

分霊社・尊星殿

f:id:ichigo2015:20161207220753j:plain

千葉神社 /千葉神社について /境内図 /分霊社・尊星殿

中央に干支の塔があります

 

最近、占いにも興味があるので、ちょっとしたご縁を感じます。

 

千葉での仕事があるのでここにはまた来ることになりそうです。ご縁に感謝申し上げます。

早稲田の穴八幡 靖国神社 愛宕神社二百五十二日目

神社 靖国神社

今日も日曜日は明大前にグレーシー柔術のお稽古へ。今日は日中暖かったですね。バイクもまだ楽です。

f:id:ichigo2015:20161204204233j:plain

本当は、今日練習の後にバイクの半年点検に持って行きたかったのだけど、今日は一杯だって。

 

早稲田の穴八幡

それで、道場の帰り思い立って早稲田の穴八幡に立ち寄りました。

f:id:ichigo2015:20161204204316j:plain

新宿区ですが、都内の神社の中でも強い清涼な神気を感じます。

 

ここに最初に訪れたのは今年の9月28日でした:

ichigo2015.hatenadiary.jp

 本殿正目の鳩の彫刻、とても美しいですね

f:id:ichigo2015:20161204204257j:plain

拝殿を外から

f:id:ichigo2015:20161204204245j:plain

 

放生寺

今日はこれまで訪ねたことがなかったお隣の放生寺へゆきましたよ。

名称 威盛院 光松山 放生寺 放生寺 本堂外観
宗派 高野山真言宗
寺格 準別格本山
創建 寛永十八年(1641年)
開創 良昌上人

放生寺は寛永十八年、威盛院権大僧都 良昌上人りょうしょうしょうにんが 高田八幡(穴八幡)の造営に尽力され、その別当として開創されたお寺です。

www.houjou.or.j

 

神仏習合の時には神宮寺という神社にあるお寺があったのですね。

別当寺は、

神宮寺の一種。神社境内に建てられ、別当が止住し、読経・祭祀(さいし)・加持祈祷とともに神社の経営管理を行なった寺。神宮寺じんぐうじ神社に付属して建てられた寺院。神仏習合思想の現れで、社僧(別当)が神社の祭祀さいしを仏式で挙行した。 1868年(明治1)の神仏分離令により廃絶または分離。 宮寺。別当寺。神護寺。神宮院。神願寺。

一陽来福 放生会の寺 高野山真言宗 放生寺

 

ここは、真言宗のお寺ですから、開祖は、弘法大師空海ですね:

虚空尽き 衆生尽きなば 涅槃尽きなば 我が願いも尽きなん

世界が尽きるまで、迷える衆生が尽きるまで、さとり(衆生を救う行)の尽きるまで、永遠に仏に祈りつづけたい。空、衆生、さとりが尽きれば、わたくしの願いも尽きるであろう。

f:id:ichigo2015:20161204204406j:plain

弘法大師は今も小股人を助けながら旅を続けているという

この像の周りは四国八十八カ所霊場のお寺の砂が置かれているそうです。

 

四国お砂踏み霊場 落成式 − 一陽来福 放生会の寺 高野山真言宗 放生寺

修行大師−一陽来福 放生会の寺 高野山真言宗 放生寺

 

真言南無大師遍照金剛なむだいしへんじょうこんごう」と唱えながらこの上を歩くと四国霊場を回ったのと同じく毒を受けられるそうです。

もちろん、唱えながら回りました~

 

「役の行者」をまつる神変大菩薩のお堂

神変大菩薩−一陽来福 放生会の寺 高野山真言宗 放生寺

f:id:ichigo2015:20161204204423j:plain

 

それから、バイクで帰路につきます。新宿通にでたので靖国神社に行くことにしました

f:id:ichigo2015:20161204204438j:plain

境内には来年の干支、酉の額が掲げられていました

f:id:ichigo2015:20161204204447j:plain

実は初めて穴八幡に詣でたときも、その後に靖国神社へお参りしました。ちょうどミライトテラスの日で、本殿の特別参拝に参加してその荘厳さに戦慄しました。

 

その後、新橋経由で愛宕神社へお参りしました。昨日が二百五十一日目で、本日が二百五十二日目でした。

 

愛宕神社へ着いたのは午後5時少し前で、もうすっかり日没後でした。その時間に来ていた親子連れがいました。

 

子供は着物だったので12月に入っていますが七五三なのかって思った、あるいは何かの家族行事の帰りなのかも知れない。

 

しかし一切社務所通している様子でなく、拝殿の前に陣取って写真撮影を始めましたよ。

 

まだ午後五時までにわずかに時間があるので社務所は未だ開いているのだが。

 

仕方が無いので、末社から先に周り、いつもとは反対の順番で参拝して本殿へ戻ってきた。

 

それでも、この家族ずっと拝殿前で写真を撮っている。

 

この人たちは神社ではただ単に記念写真を撮れれば良いのであろうよ。

 

他に待っている人もいたが、わたくしは構わずに横から回って参拝した。

 

すると、その一行のおばさんが、「わー、ここ、夜もお参りするんだ~っ」て口に出して言った。

「そうですよ、ここは夜間もお参りする場所ですよ。それにまだ社務所も開いているしね。あなた方もこの時間にお参りに来たのではないのですか?それとも、あなたがた、日が暮れているから自分たちの撮影のために独占できるって了見ですか~?」

って思いますよ。

 

どうも最近、神社の参拝者、訪問者の態度が気になることが多い。中には、はっきりと挨拶をしてくる方や、マナーの良い人、所作の優れた人もおられるのだけどね。

 

神社はあまり混んでいない時に静かに参拝したい。とくに普段から頻繁に行く神社は早朝か夜間の方が落ち着くな~。

 

ともあれ、今日も聖なる場所を回れて感謝です。

 

過日の聖なる場所巡りをまとめて 四谷、津の守弁財天 愛宕神社 元麻布氷川神社 小山八幡 調布の布多天神

11月26日土曜日は朝から仕事で新宿に行きましたよ。

 

仕事は午前中にすんなり終わって、その帰り道丸ノ内線を途中の新宿御苑で降りて「志な乃」でけんちんそばを頂きました~

ここのけんちんそば、けんちん汁は今時の寒い時期には本当にお勧めです。

retty.me

それから新宿通を四谷方面へ歩きます。

 

テクテク歩いていると、古びた繁華街へ進む道の奧に弁天池があるようです。そちらを探訪することにしました~

 

飲み屋街を抜けて入り組んだ道が続いています。

下の写真は古い石畳を下った元来た道

 

坂を下りたところの左手が池になっていて弁天様の小さな祠があります。

こんなところに池と弁天様の祠があるのは意外です。

ちょっと異空間的な感じのするスペースです。

 

「津の守弁財天」っていうのですね。

itot.jp

この池のあたりは公園になっています。

そして向かいには古い料亭のような建物がありましたよ。

また、この一帯は新宿通のある表通り側からはかなり低くて谷なっています。

そのまま四ツ屋の駅まで歩いて、地下鉄で自宅へ戻りました~

 

愛宕神社の千日詣(通算二百五十回目!)

先週京都から戻った翌日、11月25日金曜日のお昼に港区の愛宕神社へ行きました。

その日が今年の1月下旬から参拝の日数を数え始めてから二百四十八回目。

 

社務所裏のネコさん、「ちゃーです」と書かれていますが、実際は白猫の「しず」です。

「ちゃー」の新しい段ボール箱の寝床をぶんどったのですかね~

 

こちら↓が当日、NHK放送博物館の広場にいた三毛の「ちゃー」です

もうかなりの老猫です。夏場に弱っていましたがまた元気になったみたい。

この2匹は、あまり仲が良いわけでもないようですが、、、

 

その後、26日土曜日にも愛宕神社へお詣りしました~二百四十九回目!

この季節は婚礼シーズンなのですね。

NHK放送博物館側からの紅葉

駐車場側から本殿へ向けての写真、境内のモミジが紅葉していますね

そして、このブログを書いている本日11月30日水曜日も夜10時頃に愛宕神社へお参りしました~これで通算二百五十回目!

 

250回も来ると毎回写真を撮るのはよしました~

 

下は26日土曜日に訪れた地元、

元麻布の氷川神社の蔵(?)でっす

ここに毘沙門天があるのですかね~

www.nikkei-azabu10.com

この日26日土曜日は、夕方に東急西小山の方へ出かけました。

そちらの小山八幡神社へお参りしましたよ

小山八幡神社 - Wikipedia

他にも撮ったけど、暗くてスマホの写真では光が弱くて殆ど写っていませんでした。

 

その翌日の27日日曜日は調布に行きました~

ちょうど水木しげるさんの一周忌「ゲゲゲ忌」のイベントをやっていましたよ。

 

上は水木事務所の近くの展示通り商店街見つけたポスター

 

下の、

布多天神社がイベントの会場になっていました

NHKの朝ドラ「ゲゲゲの女房」の美男美女よりも↑が現実に近いのだろう、、、

、、「ねえ、水木せんせい?」

 

摂社の「大鳥神社」、酉の日は小さな熊手屋さんが出るそうです

なんだか趣を感じた境内の祠 ↓

布多天神の本殿

神楽殿で「ゲゲゲの鬼太郎」の上映会やっていました~

先週後半からの東京での聖なる場所を巡るでした~

紅葉の京都で聖なる場所巡り大徳寺と今宮神社、八瀬の九頭竜大社の秋期大祭

神社 御朱印 京都の神社 九頭竜大社

前泊したホテルから京都のホテル事情を長々書いて遅くなりました~

最近の京都のホテル料金について 2016.11.25 - 一期一会を旨として臨むichigoサポートの日記

 

2016年11月24日木曜日の京都での聖なる場所を巡る日記です。

 

先週、お会いした知人が知人が京都の大徳寺で紅葉を観てきたというお話しをお聞きしました。

 

その話が面白くて、また最近わたくしが月に二度座禅へ行っている地元のお寺さんが臨済宗大徳寺派の禅寺ですのでそちらへ行くことにしました。

 

鎌倉時代末期の正和4年(1315)に大燈国師宗峰妙超禅師が開創。室町時代には応仁の乱で荒廃したが、一休和尚が復興。桃山時代には豊臣秀吉織田信長の葬儀を営み、信長の菩提を弔うために総見院を建立、併せて寺領を寄進、それを契機に戦国武将の塔頭建立が相次ぎ隆盛を極めた。

大徳寺 : 臨済・黄檗 禅の公式サイト

 

ここは観光バスなどが止まれる広い駐車場からの入り口に当たるところです。

f:id:ichigo2015:20161125221746j:plain

 

入り口の山門をくぐるとすぐに山門 (金毛閣)があります

f:id:ichigo2015:20161125221753j:plain

 

境内は石畳になっています。そのまま気ままに歩きました~

f:id:ichigo2015:20161125221759j:plain

この時間は、まだ観光客もそれほど多くなくてナイス!

 

紅葉、特にモミジが赤くて美しかったですよ

f:id:ichigo2015:20161125221809j:plain

今回はデジカメを忘れてしまい撮影は全てスマホです

f:id:ichigo2015:20161125221839j:plain

ちょっと露出が強すぎるな~

f:id:ichigo2015:20161125221834j:plain

 

この一期一会↓は、観たことがあります。わたしが個人事業の屋号を決めて図書館でこの揮毫を見つけたと思います。今度確認しまっす。

f:id:ichigo2015:20161125221817j:plain

 

ここ大徳寺は多くの塔頭があります。

塔頭(たっちゅう)は、禅宗寺院で、祖師や門徒の死後その弟子が師のを慕い、大寺・名刹に寄り添って建てた(多くは祖師や高僧の墓塔)や庵などの小院。門徒らによって立ち並ぶ塔の中でも首座に置かれたこと、あるいは、門徒らが塔のほとり(=「頭」)で守ったことから塔頭と呼ばれたなどの説がある。

塔頭 - Wikipedia

 

大徳寺は塔頭24を有する[3]。2015年現在、大部分の塔頭で一般参詣を認めておらず、常時拝観可能な塔頭は龍源院、瑞峯院、大仙院、高桐院の4か院である。

大徳寺 - Wikipedia

 

それで、最初に行き当たった「大仙院」を拝観させて頂きましたよ

f:id:ichigo2015:20161125221921j:plain

 拝観ができる四つの塔頭の一つです。なんとなくウェルカムな雰囲気があります。

 

〈国宝〉玄関でっす

f:id:ichigo2015:20161125221858j:plain

こちら今の入口です

f:id:ichigo2015:20161125221909j:plain

内部は撮影禁止!

国宝

  • 本堂(方丈)(附:玄関)-永正10年(1513年)に古岳宗亘が自分の隠居所として建立したもので、日本の方丈建築としては東福寺龍吟庵方丈に次いで古い遺構である。「床の間」が現れるのもこの時代で、大仙院の床の間は日本最古とされ、「玄関」も日本最古の玄関として国宝に指定されている。

    大仙院 - Wikipedia

 

拝観料を支払って、御朱印をお願いしてから中へ入ります。ここの奥さんかお嬢さんでしょうか感じの良い女性が中をガイドしてくれました~

 

内部は廊下づたいにお庭があって、それが山からの水が川となり大河となってやがて大海に至る様を表しているそうです。

 

それは人生や修行者の成長をを示しているのだって。

 

それから、千利休豊臣秀吉が使った茶室がそのまま残っていました。そこに入ったときは鳥肌が立つ感覚を覚えましたよ。

 

また本堂では座禅会も行っているそうです。是非とも今度機会があれば参禅させて頂きたく思います。

 

は長く は丸く 立てず は大きく は小さく

f:id:ichigo2015:20161127210729j:plain

拝観中にあった掛け軸の書と同じ文字です。これいいな~って思ったのですよ、そうしたら、授与品であったので頂いて参りました~

 

大仙院の御朱印

f:id:ichigo2015:20161127211428j:plain

 堂々たる揮毫ですね。さすが国宝を多く有する禅寺です。

 

 大徳寺中を歩いていると朱い鳥居が目につきました。そちらへ行ってみるとそこは今宮神社でした。

今宮神社

f:id:ichigo2015:20161125221930j:plain

 さすが京都、大徳寺のすぐ裏手?面してこんな立派神社があるのですね~

f:id:ichigo2015:20161127212908j:plain

人型を修めてきましたよ

f:id:ichigo2015:20161127213541j:plain

東京では数が少ない月読神社がありました。かなり雰囲気があります。

f:id:ichigo2015:20161127213605j:plain

今宮の奇石 阿呆賢さん(あほかしさん)

f:id:ichigo2015:20161127213625j:plain

f:id:ichigo2015:20161127213646j:plain

説明書きの通り、三回叩いて持ち上げると軽くなりました~

 

境内をだいたい回って八瀬で祭典まであまり時間も無いので一旦大徳寺へ戻ります。

今宮神社の御朱印

f:id:ichigo2015:20161127222246j:plain

 

大徳寺に戻ってくるとお昼を回った頃で、観光客がかなり増えてきました。ここはまた改めてこようと思いバスで大徳寺を出て、八瀬へ行くバスが通る出町柳へ向かいました。

f:id:ichigo2015:20161125222037j:plain

モミジが一枚

f:id:ichigo2015:20161125222048j:plain

出町柳駅そばのカフェで軽くランチしていたらバスが行ってしまいました~

 

それでやむなくタクシーで九頭竜弁財天を目指します。タクシー代は思ったよりもかからずに二千円ちょっとで済みました。

 

オンタイムで九頭竜大社に到着。そろそろ式典が始まります。

f:id:ichigo2015:20161127214922j:plain

この日はこの神社の発祥した日の11月24日に当たり、秋季大祭です。

今回がはじめての参加ですが、護摩壇のような物準備されています。

中には護摩木が重ねられています。その辺が油くさいのは燃焼用に油が使われているのかも知れません。

 

こちらが九頭竜大社の本殿です。

 

 

f:id:ichigo2015:20161127215229j:plain

 

こちらは本殿の横にある雅楽殿。まさに雅楽隊が演奏しております

f:id:ichigo2015:20161127215238j:plain

 

いくつかの祝詞を上げて祝典は進み、いよいよ護摩がはじまりました。

f:id:ichigo2015:20161127215248j:plain

このどこかに前回わたくしが来たときにお納めした祈願の書かれた護摩木が入っています。

 

護摩は本来は仏教密教の修法であるので、密教修験道で行われるが、神道神社の一部でも護摩が実施される。もともと神仏習合だった権現社や宮が、明治維新神仏分離神仏判然令)によって寺院を別の法人として改組した事例も少なくないが、現在でも神社において神職山伏による護摩祭が続いていることがある。

護摩 - Wikipedia

 

 以前、阿含の星祭りっていうのが流行ってことを覚えています。

阿含の星まつり - Wikipedia

今もあるのですね。

その炎が何かを表していると言うことだった思います。

ここでも炎は龍とかなそんな風に見える気がします。

f:id:ichigo2015:20161127215248j:plain

f:id:ichigo2015:20161127215258j:plain

こちらの写真の炎は、中央部になんとなく黒い梵字が浮き出ているようにも見えます

f:id:ichigo2015:20161127215308j:plain

 

祭典が終わってから、わたくしはゆっくりとお千度(本殿を9周まわりながら祈願します)

www.kuzuryutaisha.or.jp

を行ってからバスで京都駅へ向かい帰途につきました。

 

実は、さきほどこのブログをあらかた書いたところでいきなりブラウザ(Firefox)がダウンして大半を書き直すことになりました。

 

こういうのは、ちょっと疲れますね。このはてなブログはマメに保存するのも結構手間ですが、書いた物が殆ど無くなって書き直しとなるとかなりのショックですね~。

 

ともあれ、火曜日の大阪への出張からはじまって、翌日勤労感謝の日の大阪堺の聖なる旅と参加したイベント、京都の宿泊。さらにこの日の京都の旅と盛りだくさんでした。ありがとうございました!

大阪堺の大鳥大社、仁徳天皇陵古墳、開口神社 2016.11.23水曜日勤労感謝の日

22日火曜日に仕事で大阪に来ました。

 

23日水曜日は勤労感謝の日でお休みなので、そのまま滞在して大阪堺の聖なる場所を巡りましたよ。

 

それで今日、今年の十一月二十三日は、二の酉の日という事でお酉さん本場と思われる大鳥大社を訪ねます。

  

宿泊した難波のほうから天王寺へ出て、そこからJR阪和線の鳳(おおとり)駅に降り立ちました~

f:id:ichigo2015:20161123195659j:plain

読みは同じオオトリですが、漢字は神社と駅で違うのですね。

 

阪堺大鳥神社

駅から歩いて程なく神社へ到着~

f:id:ichigo2015:20161123200337j:plain

今日は天気の良かった昨日とは変わって曇り空で肌寒いですね

大鳥大社(おおとりたいしゃ、正式名:大鳥神社)は、大阪府堺市西区鳳北町にある神社式内社名神大社)、和泉五社の1つで和泉国一宮旧社格官幣大社で、現在は神社本庁別表神社 

大鳥大社 - Wikipedia

 

日本武尊が白鳥になってこの地に来られたことで社が出来たと言う

f:id:ichigo2015:20161123200347j:plain

恐らくはこれが正門?と思われる鳥居のところにある狛犬

f:id:ichigo2015:20161123200400j:plain

境内は結構広くで、建物を方角別に示す標識が建てられています

f:id:ichigo2015:20161123200419j:plain

f:id:ichigo2015:20161123200433j:plain

 

こちらが本殿です

f:id:ichigo2015:20161123200447j:plain

 

賽銭箱の正面についている鳳?

f:id:ichigo2015:20161123200510j:plain

 

こちらが拝殿になっています

f:id:ichigo2015:20161123200535j:plain

 

下の門の奥に見える屋根が本殿です

f:id:ichigo2015:20161123200610j:plain

 

実は、二の酉にあわせて酉の市が立って熊手を売っているのだろうと期待していたのですが、全くそういう風ではありませんでした~

 

熊手を売っている酉の市って江戸っていうか関東の風物なのですかね。

f:id:ichigo2015:20161123203158j:plain

ご朱印を頂いて、次はどこに行こう、、

そう、堺と言えば

あの世界最大の陵墓

仁徳天皇陵古墳

正式名称:仁徳天皇百舌鳥耳原中陵(にんとくてんのうもずのみみはらのなかのみささぎ)

を前から拝みたかった!

f:id:ichigo2015:20161123203531j:plain

ウィキペディアでは学術的?に以下のようなヘンな記述がされている:

実際の被葬者は明らかでないが、宮内庁により「百舌鳥耳原中陵(もずのみみはらのなかのみささぎ)」として第16代仁徳天皇に治定されている。名称は「仁徳天皇陵(にんとくてんのうりょう)」や「仁徳陵古墳」とも[2][3]

大仙陵古墳 - Wikipedia

 

大理石の模型

f:id:ichigo2015:20161123204332j:plain

 

拝所はちょうど下の写真の事務所の赤い丸印がされているあたりにあります。

f:id:ichigo2015:20161123205007p:plain

 

↓ここが拝所。巨大すぎて岡のように見えます。でもさすが世界最大の墳墓でしかも古の我が国天皇の御陵である。すごい雰囲気を感じます。

f:id:ichigo2015:20161123204354j:plain

この辺りは学芸員さん?なのかガイドしてくれるおじいさんたちが何人かいて、わたくしが鳥居の前で眺めているといろいろ教えてくれました~

 

その方に拝所をバックにワンショットの記念撮影をお願いした。でもスマホの扱いがわからないのか動画になっていた。でも、一生懸命ご対応いただき有難うございました~

 

そこから、適当に歩いてから路線バスに乗って堺東駅

そこから割と近くに開口神社があったのでそこまで更に歩きます

開口神社

f:id:ichigo2015:20161123210207j:plain

開口神社(あぐちじんじゃ)は、堺市堺区にある神社である。通称「大寺」(おおてら)。地元では「大寺さん」とよばれ親しまれている。堺南組(大小路以南)の氏神社式内社で、旧社格府社

開口神社 - Wikipedia

 

与謝野晶子のゆかりの地だそうで石碑がありました

f:id:ichigo2015:20161123210232j:plain

ameblo.jp

 

f:id:ichigo2015:20161123214243j:plain

 

あと、堺といえは戦国時代の自由都市というイメージがあります。

子供頃観たNHK大河ドラマ黄金の日日」の影響です

大河ドラマ黄金の日日

 安土桃山時代、堺の豪商・今井宋久の船で下働きをする助左(のちの呂宋助左衛門)。琉球へ向かう途中に難破してルソン島に漂着。海外との交易に目覚め、帰国後、貿易商として豪商への道を突き進む。商人の町・堺とルソンを舞台に、信長、秀吉など権力者との攻防を通して、貿易に命をかけた自由人・助左衛門の剛胆な生涯が描かれる。

 

www.nhk.or.jp

今やっているNHK大河ドラマ真田丸」の脚本家三谷幸喜黄金の日日のファンであったそうで、主役を演じた松本幸四郎(当時は市川染五郎)をおなじ納屋(呂宋)助左衛門の 役で登場させましたね。

 

 

その後、堺市駅のそばである保守政党主催のイベントに参加。

 

その政党の地元集会は米国次期大統領の話題で面白かったのでそれについては別のブログに書きます。

 

ところで、彼らによれば市が百舌鳥古墳群ユネスコ世界遺産に登録しようとして既に60億円を使っているという。

 

更に、ユネスコの要請をクリアするには周辺の既存建物の移転もあって巨額のマネーを期待する関係者があるのだって。要は利権だ。

 

また、保守の側からすれば元から自分たちが大事にして来たもので、今後も大切にするのだから外の組織に登録して守る物でもなかろう との事で世界遺産登録に反対との事です。

 

 

それから電車で北上して大阪梅田で食事しましたよ。

 

俗なるグルメ

ぼてぢゅう梅田店

プレミアムミックス月見焼

f:id:ichigo2015:20161123210315j:plain