読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

聖なる場所を巡る日記

東京都港区の愛宕神社への千日参りと、日々訪れる聖なる場所についての日記

聖なる場所を巡る 愛宕神社六十四回目 府中美術館ファンタスティック後期展示、調布の国領神社の千年藤 2016.4.24

六十四回目の愛宕神社

今日、日曜日はBJJ(ブラジリアン柔術)練習の日です。その後、府中美術館の春の江戸絵画まつりファンタスティックの後期展示を見に行くので、練習の前に愛宕詣でを済ませましたよ。

朝から強い雨ですが、神社へ行った時間の午前9時半ころには降りはだいぶ弱くなりました。雨降りの日曜日の朝でも愛宕神社は結構人がいました。何かの催し(結婚式かな?)があってそれで立ち寄っている人々もいる感じでした。

f:id:ichigo2015:20160424232607j:image

 各末社の扉が開いていました。日曜日の朝だから?日中もたまに扉が開いてますが、どういうタイミングで開けているのでしょうか。
f:id:ichigo2015:20160424232621j:image
 
ブラジリアン柔術のお稽古を終えて、府中へ向かいます。起倒流拳法碑に蹲踞瞑想をしているためにBJJも覚えが良いですね。武道の神様、ありがとうございます。
 
再訪した大國魂神社はくらやみ祭りの準備にとりかかり
舞台は一気に府中へ。せっかく府中に来ましたので、府中のシンボル大國魂神社を参拝します。雨も上がり良い天気なりました!やっぱー、ツイています。
 

f:id:ichigo2015:20160425131233j:plain

本殿に向かって右にある末社の住吉社の狛犬さん なんだかひょうきんな顔をして上を見上げている様です。なぜか両方とも口を閉じているので二体とも吽形のようです。

f:id:ichigo2015:20160425131420j:plain

 これから大國魂神社は連休期間に開催の「暗闇祭り」の準備に入っていましたよ。
 
 「春の江戸絵画まつりファンタスティック」後期展示を観に行った

ファンタスティック 江戸絵画の夢と空想 東京都府中市ホームページ

f:id:ichigo2015:20160321001228j:plain

 わたくしが三月二十日に訪れた前期展示については以下のブログにございますよ

ichigo2015.hatenadiary.jp

 

 後期展示ではわたくしの好きな龍の絵が多くて楽しめました。

下は葛飾北斎富士越竜図

f:id:ichigo2015:20160425133227j:plain

 今回の展示で最も良かった絵の一つ。海中から飛び出た龍が富士の周りを旋回して空高く昇って行く図との事です。まるで怪獣映画の特撮を想起させます。富士と登り龍の構図も秀逸です。
 
もう一つ今回とても印象に残った絵です
竜に馬師皇図(りゅうにばしこうず)

f:id:ichigo2015:20160425135421j:plain

馬のお医者のところへ龍が口を開けて治してくれと来たそうです。龍の病を治した老人は龍に乗って空へ上がって行ったそうな、、

紙本墨画 竜に馬師皇図(しほんぼくが りゅうにばしこうず) 県指定有形文化財(絵画) | 大田原市

巨大な屏風画で、ものすごい迫力がありますよ。一見の価値ありありです!

この絵の絵葉書がほしかったなー、これの絵はがきはなかったようですが構図上絵葉書難しいのかな

 

国領神社の千年藤が見頃

その後、調布に立ち寄って布多天神をたずねた。その後、この間、野川に桜を観に行ったときに寄った国領神社の藤の花が見ごろだって。それで夜の神社へ千年藤を見に行きます

kokuryo-jinja.jp

 

f:id:ichigo2015:20160425141635j:plain

f:id:ichigo2015:20160425141322j:plain

f:id:ichigo2015:20160425141457j:plain

 現地では暗くてよく花が見えませんでした。カメラのフラッシュで花が空中に浮かび上がってきます。ライトアップすれば凄いと思いますよ。

今が八分咲きで、こらから見頃のようです。お勧めです。

 

今回も日曜日のとても良い旅をありがとうございました!