読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

聖なる場所を巡る日記

東京都港区の愛宕神社への千日参りと、日々訪れる聖なる場所についての日記

聖なる場所を巡る 元麻布氷川神社で「神社ミッション」遭遇?! 愛宕詣六十六回目 青松寺でのエンカウンター 2016.4.26

今日はとても興味深い一日でしたよ

おはようございます。今日も良い朝です!有栖川公園でラジオ体操。公園を一周して、中央図書館前の大銀杏の樹にパワーをいただきます。

f:id:ichigo2015:20160426074126j:image

 そのあと地元の神社、郷社氷川神社へ行きます。
 
「神社ミッション」のシンクロニシティ
ところで昨年、会社を辞めてお金に困った時期があります。実際は、蓄えを十分持っていたのですが、収入をなくした不安から自分で勝手にお金に不自由を感じた訳ですが、、、
その頃、PHPの「一生お金に困らない生き方」著者:心屋仁之助を読みました。
この本の内容は極かいつまんで言うと、自分が必要なお金を持つと値すると考えるとそのお金が得られるというものです。わたくしが起業ブログに書いたマイダスメゾッドのPSIブリーフと同じことです。
この心屋さんの本で「神社ミッション」というワークが紹介されています。何をするかというと、さびれた神社の賽銭箱に一万円を入れるのです。なんでさびれた神社かというと、ご利益が期待できなようなところがいいのだそうです。何故、そんなことをするかというと、人がほしいものはまずは自分が与えることで得られるというこの世界の法則を実践するためのようです。なので特にお金がない人は、お金をなにかに与える。それが寂れた神社だというのですね。
 
前置きが長くなりました。この朝の話に戻ります。元麻布の郷社氷川神社で朝のごあいさつ。いつものように参拝すると、賽銭箱に一万円札が入っているのに気付きました。
f:id:ichigo2015:20160426074212j:image
 わかりますかね、賽銭箱の中の中央からやや右に折れた一万円札があります。
ほー?この平日に、この地元の神社に一万円のお賽銭とは豪儀だと思いました。それで、先の心屋さんの「神社ミッション」を思い出しました。この賽銭が、そうかどうかは知りませんがこの神社で一万札を入れる人がいるのですね。自分も「神社ミッション」やるべきかな~なんて思いましたよ。
 
その後、先週お世話になった末社のお稲荷さんにも参拝します。

f:id:ichigo2015:20160422072832j:plain

すると、こちらの賽銭箱にも一万円札が入っています!下の写真、アングルが悪くて見にくいですが真ん中に折れたお札があるの判りますか?
f:id:ichigo2015:20160426074225j:image
そう、両方の賽銭箱に一万円札の賽銭があります。すげーなーって思いましたよ。すげーって思ったのはその行為よりも、自分がそれに出会ったことにです。実はわたくしはしょっちゅう行く神社には毎々賽銭は入れないのです。なので、普段はいちいち賽銭箱の中にまで注意を向けません。でも今日は両方の賽銭箱に一万円札があることに気付きました。
これは自分にとっては何かのメッセージではないかなと思ったのです。家に戻ってから件(くだん)の本を持って朝風呂に入りました。そして、本の内容をざっと読み返しながら、この事でどうするかなって考えました。それについてはある行動をとることにしました。それについてはまた書きますね。
 
愛宕詣 六十六日目
そんなことのあった春の心地よい朝でした。今日はお昼前に愛宕神社へ行きました。カウントをはじめて六十六回目。いつもの白ネコさんが社務所裏で段ボールの中で眠っています。
f:id:ichigo2015:20160426193231j:image
 
青松寺での邂逅
今日は愛宕神社のお隣の青松寺に立ち寄ります。下の写真は愛宕通り沿いの山門の並びにある石仏。なに菩薩でしょうか?神々しいです。
f:id:ichigo2015:20160426193246j:image

境内を歩いていると、なんか気配?を感じます。これまでになんどかここに来ても全く気がつかなかったのですが、お寺の建物の奥に何かがあります。そして水の気配と音がしてきます。そちらへ行くと、、、そこは人工の滝になっています。その上には、、、

f:id:ichigo2015:20160426212829j:plain

それは、壁にめり込んだような、あるいは壁から生えたような龍の像です!

それは、口から水を噴出しています。
f:id:ichigo2015:20160426210755j:image

これを見つけた時はちょっと戦慄を感じましたよ。
f:id:ichigo2015:20160426193311j:image
 すげーこのタイミングで龍かよ!しかも水吹いているし!!まあ、他の、普通の人にとってはちょっと珍しい噴水くらいでしょうか。しかし、聖なる場所を訪ね歩く駆け出しの神秘家で、龍神セミナーにも出るこのわたくしです。これは凄い感動でしたし、朝から立て続けに何かの符号を感じる邂逅です。
龍の前でしばし蹲踞して瞑想しました。これからも「しるし」を見るよと告げられました。
 
この龍の向こう側は愛宕ヒルズのオフィスビルが建っている高台です。これまで建物の中に入ったことはありましたがこの裏手は来たことがありませんでした。もう完全に探検モードです。そこには、まだまだ聖なる場所が続いていましたよ。
f:id:ichigo2015:20160426210828j:image
法輪大観音
f:id:ichigo2015:20160426210842j:image
さらに丘を上ると遊歩道になっていて十二支の像が並んでいます。
f:id:ichigo2015:20160426210858j:image
自分の干支「辰」です。そう龍なのです。Year of Doragon!!
他にも石仏や小さな祠が点在しています。この一帯は愛宕神社と青松寺の地所で聖なるものにあふれています。
 
という一日でした。まるで旅先での印象深い出来事のような事が起こる一日でした。そうか、自分のありようでいつでもそんな毎日を過ごせるんだ。これも凄い発見です。それに気付けてラッキー!本当にツイています。感謝感激です。ありがとうございます!!!