読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

聖なる場所を巡る日記

東京都港区の愛宕神社への千日参りと、日々訪れる聖なる場所についての日記

聖なる場所を巡る 大田区安方神社 愛宕神社の千日詣り百八十二日目 神田神社 ちょっと考えた事、護心道 2016.9.4日曜日

 今日は日曜日、明大前にBJJのお稽古に行きます。

その後、愛車カワサキZ125Pro蒼天号の3ケ月点検に大田区の瀬田へ行きましたよ。

環八沿いになるメーカー直営店、カワサキプラザに行くとすぐ隣の安方神社へお詣りします。

www.tesshow.jp

正面の龍の彫り物です!

f:id:ichigo2015:20160904195307j:image

蒼天号はエンジンオイルを交換して調子が良くなりました~。ギアのチェンジも良好です!

中原街道から国道1号と快調に走り抜け港区に入り、そのまま愛宕神社へ向かいます。

時刻は午後5時半前。

f:id:ichigo2015:20160904195047j:plain

本日で百八十二日目です!
f:id:ichigo2015:20160904195019j:image

出世の石段をダッシュで駆け上がる青年がいます。もう一人外人さんもやっています。
f:id:ichigo2015:20160904195035j:image

ここの階段ダッシュは効きそうですね~わたくしは歩てゆっくり上ったことしかありませ~ん。

今日は社務所裏に三毛のチャーさんがいました~
f:id:ichigo2015:20160904195107j:image

 白ネコさんも社務所裏の所で地べたに寝そべっております。
f:id:ichigo2015:20160904195116j:image

 今日は、バイクの調子が良いのでもう少しツーリングします。今度はそのまま昨日は本殿に参拝しなかった神田神社へ。

↓は神田明神本殿を駐車場のある背面側から
f:id:ichigo2015:20160904195129j:image

午後6時前の神田明神、、、日曜日の社務所が閉まったあと時間帯ですが、本当にこの神社は参拝者が多くなりましたね。
f:id:ichigo2015:20160904201151j:image
最強の大黒様に疾風迅雷の大福・大徳パワーを授かりました~
f:id:ichigo2015:20160904195250j:image

 

昨日、お参りした合祀殿に連日お詣りします。

神田明神|東京都千代田区外神田2-16-2|境内図 - 詳細
f:id:ichigo2015:20160904195140j:image

神田神社の帰りに、地元の郷社氷川神社にお参りして、それから麻布十番の商店街の花屋さんで榊を買いました。

 

ちょっと考えた事ー護身術と護心術、そして護心道へ

感情は、身体とちかいようです。それぞれ刺激を受けると反応します。

たとえば身体は叩かれると痛いです。

でも、叩かれる部分が分かっていれば、ある程度は痛くないように応じる事も出来ます。

 

感情も、刺激を受ければ普通は反応します。

たとえば、敵意のある言葉を受けると、腹が立つでしょう。

でもそれを必要に応じてコントロール出来るわけですね。

感情の場合は、最初は刺激によりショックを受けてもOKです。誰でも反射があるからですね。

その後に、すぐに(早いほど良い)身体の態勢を整えるように、気持ちを持ち直して対処すればいいのです。

それが見事に出来る人がのある人だと思いますよ。

 

フィジカルの世界なら対人では武道や護身術があります。

その心得があれば、相手の攻撃に備えることができますよね。

 

感情、あるいはココロ(感情よりもひろいと考えます)も同じで攻防が出来るのでしょうね。

もしも、ココロのレベルで、真っ向から戦うのであれば、身体を使う武道と同じで、戦術と戦略があると思います。

 

もちろん、武道は身体を通して心を在り方に至るのが本来の姿なのでしょう。

 

さて、ココロの戦いの場合は、相手よりも、自分の感情と本心の間で闘いでしょうね。

 

ですから、つねに、自分の感情を制御できるかでしょうね。

そのためにやるべきことは、本心と感情を分離しておくことだと思います。それだけで冷静な反応となります。

これを護心術と名付けてみます!(このネーミングはゴロがいいので、たぶん何かで既に使われていそうですが、、、わたくしとしては今の自分の思い付きです~)

 

それから、聖なる場所を回るようになって、以前よりは相手や自分の感情の動きが判るようになりましたよ。わたくしはそう実感しています。

 

それで、自分が、表層の感情のずっと奥にある本心とか魂の段階で応じると、自分の心も相手の心も、いろいろ見えると思います。

 

相手のある場合、その方とこちらの双方が魂のレベルで応じるならば戦いには至らないでしょうね。

 

しかし、多くの場合は自分の心、つまり自分自身の感情を制御できるかが問題でしょうね。

 

自分の感情をより本心の思い通りに制御出来るようになるために、自分の感情をかき回す方と出会うのだと思えば、そうれはプラス受信ですね。

それって成長のチャンスですね~!ここまで来れば護心道ですね!!