読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

聖なる場所を巡る日記

東京都港区の愛宕神社への千日参りと、日々訪れる聖なる場所についての日記

聖なる場所を巡る日記 愛宕神社の千日詣り百九十日目 2016.9.12月曜日

今日はとある研修に一日参加しましたよ。それが終わってからの聖なる場所巡りです。

何故か今日は午後からとても眠くて、研修から自宅へ戻っているときは今日の千日詣りはよそうかな~って思いました。

この千日詣りは通算1000日行くのが目標ですから必ず毎日行く事はしなくてもよいと初めから決めています。

延暦寺の千日回峰は千日休まず行く修行なのでしょうけど、わたくしの港区愛宕神社の千日詣りは、なるべくです。むしろ、行きたくないと思うほど体調が悪いとか、別に用事のある場合はむしろ無理に行かないほうが良いと考えています。

それで、家に戻ってちょっと休憩していると行きたくなってきたので、バイクで出掛けました。バイクなかったり、雨だったら行かなかったでしょうね。

 

で、やって来ました。夜の愛宕神社の本殿です。

もうだいぶ涼しくなりました。だれもいないがいいです。

絵馬を撮ってみました~

ピンボケしていますが末社の太郎坊社

そして、出世の階段を上から

今日はネコさん達は一匹も見ませんでしたね。

 

瀧の鳥居に参拝しようそちらへ行くと誰かが境内の入り口に佇んでいます。最初は若い男性と思いましたが、女性です。

わたくしが瀧の鳥居で参拝している間に弁財天に賽銭を入れた音がしましたので、そこで詣でているようです。

その後、わたくしに続いて瀧の鳥居にお詣りして、何故か本殿横の末社からお参りして最後に本殿に参拝していました。

まあ、末社と本社のお参りに順番の決まりはないようですが、、、

何故か夜に出くわしたこの女性一人の参拝者には何か違和感を感じました。何故でしょうか。

この間、遅い時間に境内で話した方に参拝者にも色んな人がいるとう話を聞いたからでしょうかね。

自分こそ、毎回夜にこの神社へ来ているわけですが、夜のこの神社に一人やってくる若い女性に何かある種の気味の悪さのようなものを感じるのは今日が特別の事なのかね。それとも全くの思い過ごしか。次回もそういう時は確認してみたい。