読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

聖なる場所を巡る日記

東京都港区の愛宕神社への千日参りと、日々訪れる聖なる場所についての日記

早稲田の穴八幡 靖国神社 愛宕神社二百五十二日目

神社 靖国神社

今日も日曜日は明大前にグレーシー柔術のお稽古へ。今日は日中暖かったですね。バイクもまだ楽です。

f:id:ichigo2015:20161204204233j:plain

本当は、今日練習の後にバイクの半年点検に持って行きたかったのだけど、今日は一杯だって。

 

早稲田の穴八幡

それで、道場の帰り思い立って早稲田の穴八幡に立ち寄りました。

f:id:ichigo2015:20161204204316j:plain

新宿区ですが、都内の神社の中でも強い清涼な神気を感じます。

 

ここに最初に訪れたのは今年の9月28日でした:

ichigo2015.hatenadiary.jp

 本殿正目の鳩の彫刻、とても美しいですね

f:id:ichigo2015:20161204204257j:plain

拝殿を外から

f:id:ichigo2015:20161204204245j:plain

 

放生寺

今日はこれまで訪ねたことがなかったお隣の放生寺へゆきましたよ。

名称 威盛院 光松山 放生寺 放生寺 本堂外観
宗派 高野山真言宗
寺格 準別格本山
創建 寛永十八年(1641年)
開創 良昌上人

放生寺は寛永十八年、威盛院権大僧都 良昌上人りょうしょうしょうにんが 高田八幡(穴八幡)の造営に尽力され、その別当として開創されたお寺です。

www.houjou.or.j

 

神仏習合の時には神宮寺という神社にあるお寺があったのですね。

別当寺は、

神宮寺の一種。神社境内に建てられ、別当が止住し、読経・祭祀(さいし)・加持祈祷とともに神社の経営管理を行なった寺。神宮寺じんぐうじ神社に付属して建てられた寺院。神仏習合思想の現れで、社僧(別当)が神社の祭祀さいしを仏式で挙行した。 1868年(明治1)の神仏分離令により廃絶または分離。 宮寺。別当寺。神護寺。神宮院。神願寺。

一陽来福 放生会の寺 高野山真言宗 放生寺

 

ここは、真言宗のお寺ですから、開祖は、弘法大師空海ですね:

虚空尽き 衆生尽きなば 涅槃尽きなば 我が願いも尽きなん

世界が尽きるまで、迷える衆生が尽きるまで、さとり(衆生を救う行)の尽きるまで、永遠に仏に祈りつづけたい。空、衆生、さとりが尽きれば、わたくしの願いも尽きるであろう。

f:id:ichigo2015:20161204204406j:plain

弘法大師は今も小股人を助けながら旅を続けているという

この像の周りは四国八十八カ所霊場のお寺の砂が置かれているそうです。

 

四国お砂踏み霊場 落成式 − 一陽来福 放生会の寺 高野山真言宗 放生寺

修行大師−一陽来福 放生会の寺 高野山真言宗 放生寺

 

真言南無大師遍照金剛なむだいしへんじょうこんごう」と唱えながらこの上を歩くと四国霊場を回ったのと同じく毒を受けられるそうです。

もちろん、唱えながら回りました~

 

「役の行者」をまつる神変大菩薩のお堂

神変大菩薩−一陽来福 放生会の寺 高野山真言宗 放生寺

f:id:ichigo2015:20161204204423j:plain

 

それから、バイクで帰路につきます。新宿通にでたので靖国神社に行くことにしました

f:id:ichigo2015:20161204204438j:plain

境内には来年の干支、酉の額が掲げられていました

f:id:ichigo2015:20161204204447j:plain

実は初めて穴八幡に詣でたときも、その後に靖国神社へお参りしました。ちょうどミライトテラスの日で、本殿の特別参拝に参加してその荘厳さに戦慄しました。

 

その後、新橋経由で愛宕神社へお参りしました。昨日が二百五十一日目で、本日が二百五十二日目でした。

 

愛宕神社へ着いたのは午後5時少し前で、もうすっかり日没後でした。その時間に来ていた親子連れがいました。

 

子供は着物だったので12月に入っていますが七五三なのかって思った、あるいは何かの家族行事の帰りなのかも知れない。

 

しかし一切社務所通している様子でなく、拝殿の前に陣取って写真撮影を始めましたよ。

 

まだ午後五時までにわずかに時間があるので社務所は未だ開いているのだが。

 

仕方が無いので、末社から先に周り、いつもとは反対の順番で参拝して本殿へ戻ってきた。

 

それでも、この家族ずっと拝殿前で写真を撮っている。

 

この人たちは神社ではただ単に記念写真を撮れれば良いのであろうよ。

 

他に待っている人もいたが、わたくしは構わずに横から回って参拝した。

 

すると、その一行のおばさんが、「わー、ここ、夜もお参りするんだ~っ」て口に出して言った。

「そうですよ、ここは夜間もお参りする場所ですよ。それにまだ社務所も開いているしね。あなた方もこの時間にお参りに来たのではないのですか?それとも、あなたがた、日が暮れているから自分たちの撮影のために独占できるって了見ですか~?」

って思いますよ。

 

どうも最近、神社の参拝者、訪問者の態度が気になることが多い。中には、はっきりと挨拶をしてくる方や、マナーの良い人、所作の優れた人もおられるのだけどね。

 

神社はあまり混んでいない時に静かに参拝したい。とくに普段から頻繁に行く神社は早朝か夜間の方が落ち着くな~。

 

ともあれ、今日も聖なる場所を回れて感謝です。