読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

聖なる場所を巡る日記

東京都港区の愛宕神社への千日参りと、日々訪れる聖なる場所についての日記

聖なる場所を巡る 愛宕神社の千日詣り百六十一日目 2016.8.8月曜日

今日はお昼に愛宕神社へ行きましたよ。

今回で161日目!

f:id:ichigo2015:20160808150316j:image

なるべく汗をかかないように出世の石段をゆっくりと上がりました~
f:id:ichigo2015:20160808141500j:image

いつも通り、一通り参拝してから、社務所横のベンチでお弁当を頂きます。お弁当は愛宕通りにあるオムスビ屋さん稲香屋のおにぎりと惣菜でっす。

ameblo.jp今日もとても暑い日でしたが、愛宕神社でお昼を頂けて良かったです。

 

今日も愛宕神社のネコさん達とは会えませんでした~

 

ところで今日、今上天皇からの生前退位についてのお言葉がありましたね。わたくしは、陛下のお心のままにと思います。

 

象徴としてのお務めについての天皇陛下のおことば(平成28年8月8日)から

天皇が象徴であると共に,国民統合の象徴としての役割を果たすためには,天皇が国民に,天皇という象徴の立場への理解を求めると共に,天皇もまた,自らの ありように深く心し,国民に対する理解を深め,常に国民と共にある自覚を自らの内に育てる必要を感じて来ました。

こうした意味において,日本の各地,とり わけ遠隔の地や島々への旅も,私は天皇の象徴的行為として,大切なものと感じて来ました。皇太子の時代も含め,これまで私が皇后と共に(おこな)って来たほぼ全国に及ぶ旅は,国内のどこにおいても,その地域を愛し,その共同体を地道に支える市井(しせい)の人々のあることを私に認識させ,私がこの認識をもって,天皇として大切な,国民を思い,国民のために祈るという務めを,人々への深い信頼と敬愛をもってなし得たことは,幸せなことでした。

 

象徴としてのお務めについての天皇陛下のおことば:象徴としてのお務めについての天皇陛下のおことば(ビデオ)(平成28年8月8日) - 宮内庁

 

f:id:ichigo2015:20160808214829j:plain

番外:

昨日の新宿での体験から、想念はわかる人にはわかるという事を心にとめたいですね。また集合的な意識が世界にはあってそこではすべての想念が通じている、、、Soul of the worldが確かに存在するように思います。

it was like other aspects if creation, and had its own passion and wars. It is we who nourish the Soul of the World, and the world we live in will be either better or worse, depending on whether we become better or worse.

thealchemistallusions.weebly.com