読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

聖なる場所を巡る日記

東京都港区の愛宕神社への千日参りと、日々訪れる聖なる場所についての日記

愛宕神社の千日詣り二百二十四日目 2016.10.24月曜日

本日が224回目の愛宕神社の千日詣りですよ。

 

崇敬する末社の太郎坊社

f:id:ichigo2015:20161024211513j:image

太郎坊は日本を代表する八天狗の一つだそうである:

日本を代表する八天狗は、愛宕山太郎坊、比良山次郎坊、飯綱三郎、鞍馬山僧正坊、大山伯耆坊、彦山豊前坊、大峰山前鬼坊、白峰相模坊であり、さらに別格の石鎚山法起坊を加えることもある。

 

また、京都の愛宕山ではなく滋賀の太郎坊宮とよばれる阿賀神社があってそちらも興味がある。

 

大天狗は強大な力を持っているされているようですね

大天狗 - Wikipedia

 

わたくしの大天狗のイメージは赤面の鼻の長いお面の天狗ではなくて、天部や鬼神にちかい。

 

港区の愛宕神社の山頂境内に住むネコ達:

三毛猫のチャーさん
f:id:ichigo2015:20161024211448j:image

 午後八時を回ったくらいですが、餌場でお眠りになっています。

 

白ネコのシロちゃん
f:id:ichigo2015:20161024211503j:image

この子も定位置の毛布の上で前足を突き出して寝ています~ 夢で何かをつかみ取ったのでしょうかね?

 

今日はこの時間(八時過ぎですが、、秋だとかなり遅い時間に感じます)に暗い社務所の庇の下のベンチに誰かが座っています。

 

最初は、女の人かと思ったけど、カップルです。雰囲気はいわゆるアベックってやつでもないみたい、夫婦かもしれない。

 

わたくしが末社で時間をかけてお参りしている間、拳法碑で蹲踞している間もいましたからそこにかなり長い事座っています。

 

まあ、何のご用かは知りませんが、神社の夜のベンチです。

 

正直、夜の神社の滞在する人は、わたくしにとってはいないほうがいいです。公園にでも行ってはどうですかね~。

 

普通の参拝者は、お詣りが済んだらさっさと帰るが基本でしょうよ。